22日 5月 2018
5月5日子どもの日にかなり大人な緊縛講習会をしました。 今回は蓬莱かすみさんを迎えての講習会!女性ならではの繊細さや心遣いはやはり素晴らしく、女性が喜ぶくびれを強調する縛りも教えて貰い、厳しい責め縄にも関わらず、笑いの絶えない楽しく実のある講習会となりました。 皆さんのご要望が多くなればまたお願いできますので厚い要望お待ちしてます。 料理の方は麻婆茄子豆腐と煮付けなどと会員のお誕生日にタルトを焼いたのですが焦げまして…急遽有名店のタルトをでも味は作った方が旨く人気でした 次は今週金曜日5月25日、毎月恒例の結月里奈さんをお迎えしての俺得緊縛講習会です
18日 4月 2018
またまたあげるのが遅れてまして申し訳ありません。 4月は超実践緊縛講習、最近料理係の自分は後で教えて~っといったのですが時間がなく、涙を飲みました。実践的な技や気遣いなどの話が多いので参加をためらってる方も、自分の緊縛の幅を広げるためにも是非参加してください 今回の縛龍の賄い飯はブイヤベースとトマトリゾット、デザートはいちごでした ハーブや素材をふんだんに使ったブイヤベースは自分で言うのも何ですが絶品でした 次回は5月25日(金)19時30分~ 予約お待ちしてます
19日 3月 2018
三月の俺得講習会は盛りだくさんの内容で縛り手受け手双方に有益な講習となりました。その後の懇親会ではタコスとタンドリーチキンと定番の味噌汁をふるまいました。話も大変盛り上がりました。来月の講習会は4月12日(木)19時30分からです
17日 2月 2018
2月の俺得緊縛講習会 世の中何だかめんどくさそうな雲行ですが、縄処遊縛民は独立独歩、陸の孤島、好き勝手自由気ままにやっております。毎日が楽しく充実して日が経つのが早いです。 講習会もその流れで結月里奈さんを中心に各自が講習、縄受、お話と勝手放題うちに来ると疲れるんじゃないかと心配されますが、俺得講習なので諦めてもらいます。そのお返しと言っては何ですが、後半の懇親会では何日か前から仕込んで油から作ったチャーシューや炒飯、生姜焼き、フレンチトースト、秋田の濁り酒に一か月前から仕込んだ粒イチゴドリンクなどの料理で皆の会話も弾みました。 次回の開催は3月15日木曜日 予約はお早めに
05日 2月 2018
1月はス〇ーウ〇ーズ風のオープニングロール作ったり、書初めが好評だったのでしばらく書道を続けようと決めたり、料理とエアリアルも継続中です。 気になる事はやらないと我慢できないタイプなので ということでどういうことかわかりませんが2月予定遅まきながら更新しました。 結月里奈さんの講習会の予約はお早めに
20日 1月 2018
今年最初の俺得講習会。 結月里奈さんに、オートサロン終わりでお疲れのところ、来ていただいたのでスパイスを20種類入れたほうれん草キーマカレーを賄いで食べていただきました。 スパイスが以前の倍なので辛くなるかと思いきやかなりまろやかになりました。 薬膳みたいな物ですからね で色々な面白い話をした後に縄をしていただきました 次回は2月16日金曜日です ご予約お待ちしてます
19日 12月 2017
年末年始は開催予定の通りとしますが、もし休みを利用して参加してみたいという方はが連絡ください
19日 12月 2017
またまた更新遅くなりましたが、年の瀬も押し迫った昨今いかがお過ごしでしょうか? 先日の俺得緊縛講習会 女流緊縛師の章は、お誕生日の会員の方のお祝いを内緒でしようと画策しましたが、なんと内緒なことを言っていなかった一人がポロっと話してしまい開始早々ばれてしまいました。 しかしながら宴からの結月里奈さんの縛りのプレゼントと緊縛のお話はとても楽しくためになる物でした。 新年早々の結月里奈さんの講習は1月17日水曜日になります。 お早目の予約お願いします
27日 11月 2017
更新遅くなりましたが、金曜日に結月里奈さんの講習会がありました。 自分が気になっていたもも吊りをお願いしたところ、そこからグランドでの責め縄となり、受け手さんには予期せぬご褒美となりました。やはり女性ならではの細かな気遣いは見習うことばかりです。まかないは豆腐サラダとちゃんこ鍋。自分はスーパーで見て気になる食材を定石無視で選びます。今回の目玉はお化け椎茸、雲太1号というらしいですユーチューブで動画もあります。 サラダも最早サラダかもわかりません。人間と一緒で枠に収まることはあまりしません。 結月里奈さんの次回開催は12月15日㈮19時30分からです
21日 11月 2017
一年ぶりに竹吊り展開しました。龍柳菱の時と同様、色んな方に教わった縛りの応用や色々な縄や方法で積み重ねたものが底上げになっていて、以前やったよりいい方向に行っていると実感できました。そして竹吊りの難しさもまた再認識しました。改善点が見えて更に同じような形でも細部で進化していけるよう考えて行こうと思いました。 前にやった形を後何種類かやってみようと思います。 尚、竹吊りの展開はベクトルをしっかり把握しておかないと大変なことになりますのであしからず

さらに表示する